ビリー隊長の歴史まとめ【ビリーズブートキャンプ創始者】


リーンボディ ビリーズブートキャンプ

✔ビリー隊長こと「Billy Blanks」


billy_blanks.jpg
ビリー隊長とは?

ビリー・ウェイン・ブランクス(Billy Wayne Blanks、1955年9月1日 – )

アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のエアロビクスインストラクター、格闘家、俳優。
身長181cm、体重86kg、体脂肪率6%。

独自のトレーニング「タエ・ボー」(Tae Bo)の考案者である。
日本においてエクササイズDVDソフト『ビリーズブートキャンプ』で一躍、時の人となった。

日本の「ビリーズブートキャンプ」実行者のコミュニティではビリー隊長の愛称で親しまれている。

大阪府在住経験もあるが、現在はアメリカを本拠地として活動している。
ロサンゼルスに居住し、ジムを経営する

Wikipedia参照

 





👉2006年初代ビリーズブートキャンプで大流行


billy_blanks.jpg

2020年に再び大流行している「令和版ビリーズブートキャンプ」の始まりと言えるのがこの4枚のDVDです。

陸軍の練兵軍曹としての経験を生かし「ビリーズブートキャンプ」を発案しアメリカでもブームになりました。

2006年7月の日本語字幕版発売以来、日本国内のネットコミュニティ上では社会現象となるまでに人気は高まり、日本でもDVDがバカ売れしました。



👉ビリー隊長アメリカでは「タエ・ボー」で人気爆発


billy_blanks.jpg

1980年代後半、日本でビリーズブートキャンプが大流行するもっと前にビリー隊長は「タエ・ボー」というエクササイズで成功を収めています。

「タエ・ボー(Tae Bo)」という名前はテコンドーとボクシングを組合わせたもので、このエクササイズの人気は急速に高まっていきました。



👉俳優としても活躍


billy_blanks.jpg
30代のビリー隊長
ビリー・ブランクスは、1980年代半ばにタフガイ役で映画に登場しました。
彼は、その優れた運動能力と重苦しい表情を役柄に活かしていました。
彼が映画『ドライビング・フォース』(1989年)で演じたのは、マニラで女優キャサリン・バッハ(『デュークス・オブ・ハザード』のデイジー・デューク)のボディーガードを務めた時だった。
映画の黒人俳優の一人が解雇されたとき、ビリーはその役のために読むように頼まれた。
彼は、彼らは彼に映画の中で役を与えたことをプロデューサーに感銘を受けた。
その後、彼はドン’ザ・ドラゴン’ウィルソンとの初のブラッドフィスト(1989年)やローレン・アヴェドンとのキング・オブ・ザ・キックボクサーズ(1990年)など、いくつかの格闘技映画に出演しました。

Martial Arts Entertainment参照






✔ビリー隊長と日本の関係



2006年に日本でも大流行し、そのあと大阪在住歴まであるというビリー隊長。

日本との関わりの深さの理由とは??


👉奥様は日本人!!

View this post on Instagram

#gala #doterra #together

A post shared by Billy Blanks (@taebonation) on

2007年9月、日本でのヒットをきっかけに、ビリーを撮りに訪れた日本人女性と知り合い日本語を教えて欲しいとビリーが頼み、日本語の講師となった。
それが2009年に再婚した日本人女性であった。

Wikipedia参照

上記のような逸話(?)が残されています。

日本語の通訳として働いている頃に出会い、ご結婚されたようです。
そして二人の間には「アンジェリカ」さんという娘が誕生しています。


👉令和版ビリーズブートキャンプで愛娘と共演


billy_blanks.jpg

令和版ビリーズブートキャンプ入隊者ならピーンとくるはず!!

そうです、愛娘アンジェリカさん令和版ビリーズブートキャンプに出演しています。

他の令和版メンバーはリーンボディインストラクターだったりするのですが、一人だけ雰囲気が違うなぁとは思っていたらそういうことでした!!




👉ビリー隊長の公式instagramは2種類!



■Billy Blanks @taebonation

View this post on Instagram

School’s Fundraising Night📚

A post shared by Billy Blanks (@taebonation) on



■Billy Blanks @billyblanksofficial1



愛娘のアンジェリカさんや奥様との仲睦まじい様子が伺えます。

そしてご自宅でのワークアウトの様子なんかも。

私はすっかりフォローしちゃいました!!



✔ビリー隊長の厳しく温かく笑える?名言



それこそ2006年に日本でビリーズブートキャンプが発売された当時、高校生だった私はビリーズブートキャンプ入隊者でした。

当時もかなり話題になったのが隊長の名言です。

「声が小さい!」
「お遊びのつもりか!」
「これはコンバットなんだ。戦いなんだ」
「One more set! 」

「疲れても続けろ」
「痛み無くして得るものなし!」
「君ならできる!」
「ゆっくりでいい、とにかく続けるんだ。そうすれば必ず勝てる!」
「一緒にやろう」

「効果が楽しみだ」
「疲れたら休んでもいいけど戻ってこい」

令和版ももちろんたくさんの名言が飛び出しますが、エクササイズに必死なのでスクショする暇がありません。笑


👉ビリー隊長はクリスチャン


billy_blanks.jpg
ブランクスはクリスチャンであり、モチベーションを高める祈りやその他のキリスト教的な要素を含む「ビリーブ」シリーズと呼ばれるテ・ボー・ワークアウトの特別なラインをリリースした。
彼はキリスト教テレビネットワークTBNに出演しています。

英語版Wikipedia参照

ブートキャンプ中、厳しい言葉と同じくらいポジティブな言葉をたくさん聞くことができます。

クリスチャンの隊長ならではの言葉も数多く飛び出します。

その言葉に救われる方も多いのではないでしょうか??



✔ビリー隊長の現在とこれから

皆さん、こんにちは !!
パンデミックによる世界の変化のために、私は今までにないオンラインのタエ・ボー資格を提供することになりました。
もしあなたがタエ・ボーのインストラクターになりたいと思っているなら、#teamtaebo💥🥊に参加することをお勧めします。
(私によるへっぽこ翻訳)



ビリー隊長、現在はロサンゼルのご自宅からフィットネス動画の配信や上記のような「タエ・ボー」の新しい資格取得システムを考案しているようです!!

コロナウィルスによって生活様式は変化を余儀なくされています。

しかし、そんな毎日でもビリー隊長は明るく前向きに人々の体=人生を変えるため日々奮闘しています。





👉ビリー隊長に会いたくなったら入隊だ!


leanbody.jpg


最新プログラムである「令和版ビリーズブートキャンプ」が配信されているのはオンラインフィットネス「リーンボディ」だけです。

このブログでも何度も紹介してきました!!
↓過去ブログはコチラ↓



ヨガ・ピラティスもあるよ!
\私と一緒にチャレンジしてみましょう!/

リーンボディで自分を変えてみる

無料体験は2週間!




■タエ・ボーならyoutubeで!


Youtubeオフィシャルチャンネル
Billy Blanks Tae Bo® Fitness

オフィシャルチャンネルでタエ・ボーフィットネス動画が見放題ですね!


↓Youtubeで日本語字幕をつけたい時の方法↓

字幕が笑えてヤバい…
でもトレーニングは真剣に!笑



さてさて、いかがでしょうか??
あなたの知らないビリー隊長に出会えたと思います。

ビリーズブートキャンプは人生を変えるミッションです。

あなたも自分の人生を変えてみませんか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA